弘前ペンクラブ管理


by aron3k
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

☆冷凍庫に入ったような弘前です

年末年始は雪も少なく
今年は楽!と思ったのもつかの間
のつのつと雪が積もり、やっぱり津軽の冬はこれだ~という感じの弘前です。
雪があってこその津軽の四季ですから受け入れてじっと春を待ちます。
2月に始まる「弘前城雪灯篭まつり」は幻想的です。雪の弘前もいいですよ~。
太宰治まなびの家、冬でもひと月に50人ほどの来場者があります。
どうぞあたたかい恰好でおいでください。

b0128805_17162378.jpg
写真は先日訪れてくれた「弘前大学ラジオサークル」の皆さんです。
受験生を励ますラジオドラマを制作するということで
まなびの家を舞台にしたドラマを収録なさっていきました。
18日に放送され、好評でした。太宰治が勉学に励んだ下宿です。
受験生の方もどうぞご来館ください。
寒い日が続いていますので、皆さま、お身体ご自愛くださいね。

b0128805_17165324.jpg
カラフルな写真は筆者おすすめの「てつっこ」。青森市のtecoLLCさんの制作したものです。

b0128805_17181497.jpg
南部鉄器職人さんの技とデザイナーさんのアイディア、ハイテクが共同して制作した「奇跡」.
重い南部鉄器が起き上がる不思議。

b0128805_17183942.jpg
たちあがるきみの隣で~。
倒れても倒れても起き上がる小さな「おきあがり小法師」から元気をいただけます。

b0128805_17191379.jpg
販売個数によって、収益の中から、東北の被災地に文化支援を行う基金に寄付される仕組みもあり
買ったひとの気持が東北の被災地支援に繋がります。
青森市のAファクトリー、渋谷のロフトなどで販売中です。

b0128805_17193486.jpg
兄弟にあたる「3つのおきあがり小法師」のセットもあります。
こちらは国立新美術館のショップなどでも人気です。
南部鉄器のおきあがり小法師、会津の歴史を持つ民芸品の小法師、こけし工人が宮城県産のケヤキに顔を描いたこけし小法師のセットです。
こちらもぜひお手に取ってごらんください。何があっても負けない、元気な東北の象徴です。

(by のん)
[PR]
by aron3k | 2014-01-24 17:37 | 今日の